#2【サロン経由で仕事をゲット】実績とポイントを解説!

※詳しく知りたい方は音声配信をチェックしてください!

音声配信

こちらをクリック!!

概要(要点のみ)

前提

サロンは仕事が取りやすい
-そもそも仕事を受注するためには「スキル」と「コミュニケーション力」が重要
-サロン内で自分を知ってもらえれば「コミュニケーション」部分を解消できる

簡単に言うと、「知っている相手の方が仕事は頼みやすいよね~」という話。

事例

ぼくが現在一緒に仕事をしている
・さちさん
・おこめさん
・くにさん
・ゆらりさん

上記4名は全員サロン経由でスカウトしました。

過去にクラウドソーシングとかで募集したが……チーム化を考えたことはない。

クラウドソーシングだと相手との距離が縮まりにくい。

サロンはかなりクローズドな環境なので距離が縮まりやすい。
だからサロン内で関係を作っておいた方が仕事は受注しやすい。

事例2

中村自身もサロン効果で
・イケハヤさん
・しゅうへいさん
・はあちゅうさん
・ゆりえもんさん
とつながった。

というかサロンがなければ、今のぼくは絶対にないと言い切れます。

またサロン内で存在感を発揮すれば、サロンメンバーにSNSをフォローしてもらえることもあるでしょう。

ぼく自身もサロン経由でフォロワーが結構増えました!(フォロー頂いた方ありがとうございます)

ちょっと余談

このサロンに入ってくれている「ゆりえもん」さんが運営する「おうち秘書サロン」は最強。

さちさんとおこめさんは「おうち秘書サロン」出身。

サロンでの立ち回り方

①GIVEをする

・中村がやったこと
-推敲チェックシートの作成
-文章術の講義
-格安で推敲業務の請負

特にスキルがない……という人は、
たとえば「サロンで行った講義をまとめる」だけでも十分なGIVEです!

マナブさんのYouTubeの目次を作っていたよしおさん。↓↓
(よしおさん:https://twitter.com/yesmyoshi

よしおさんは結果的に独立して稼げるWebエンジニアになっている。
すべては「マナブさんのYouTubeの目次を作る」というGIVEから始まった。

②積極的に発信をする

-運営者やサロンメンバーの発信に対してリアクションをする
-積極的に質問をする
などなど