【現役ライター監修】Webライターのキャリアとは?ディレクター以外の道も徹底解説

Webライター
Webライター
Webライターってどんなキャリアを歩むの?ひたすら記事を書きつづけなくちゃいけないの?よく分からないから詳しく教えて!

この記事では、上記のような悩みにお答えしていきます。

結論から言うと、Webライターの王道キャリアは「ディレクター」です。Webライターの取りまとめ役ですね。

ただディレクター以外のキャリアもあって、ぼくが歩んでいるキャリアがまさにそれ。とはいえ、ぼくはディレクターの経験もあるので、どちらもお話できます!

本記事ではそんなWebライターのキャリアについて具体的に解説していきます。

今後ライターとしてステップアップしたい人や、ライターの将来性に興味がある人は、ぜひ最後まで読んでみてください。6分ほどで完読できます。

Webライターの王道キャリア「ディレクター」とは?

冒頭でも言った通り、Webライターの代表的なキャリアはディレクターへの転身です。この章ではディレクターの仕事について、以下を解説していきます。

  • ディレクターの仕事内容
  • ディレクターのメリット
  • ディレクターのデメリット

ディレクターの仕事内容

ディレクターの仕事内容は以下の通りです。

  • KW選定
  • 構成の作成
  • Webライターへの執筆依頼
  • Webライターが執筆した記事の編集や修正
  • クライアントへ納品
  • ライター募集
  • ライター管理

Webライターの仕事は記事を書くことですが、ディレクターは全然違いますよね。「記事を書く」以外の仕事を全て担うイメージです。

ディレクターのメリット

ディレクターのメリットは以下の通りです。

  • 収入がWebライターより上がる
  • クライアントとの距離が近くなる
  • 希少価値が高いほど引っ張りだこになる

Webライターの取りまとめができるようになると、納品数を格段に増やせます。

また、直接クライアントとコミュニケーションを取る機会が増えるため、別の仕事を紹介してもらえるチャンスも増えるでしょう。

なので、収入もWebライター時代と比べてグンと上がりますね。ぼくの知り合いには、月100万円稼いでいるディレクターはゴロゴロいます。

また前項で解説したように、ディレクターの仕事は多岐に渡るので、仕事をこなす難易度が高いです。

そのため……優秀なディレクターは少ないんですよね。優秀なライターも少ないですが、優秀なディレクターはもっと少ない

逆に言うと、優秀なディレクターは希少価値が高いので、仕事を探さなくてもどんどん仕事が舞い込みます。

ディレクターのデメリット

とはいえ、ディレクターにもデメリットはあります。それは、自由な時間が減ることとストレスが増えることです。

その原因は、クライアントとのコミュニケーションが増えたり、ライターの管理に手間がかかったりするからですね。

ディレクターはクライアントの意向を汲んでWebライターに仕事内容を伝えるため、双方と上手くコミュニケーションを取る能力が求められます。

たとえば、Webライターから「記事が納期までに完成しない」と連絡が来れば、最悪の場合は自分で書く必要があります。クライアントとの納期は絶対なので間に合わせる義務があるのです。

このように、ディレクターになるとクライアントとのコミュニケーションが増えたり、自分でコントロールできなくなる場面が増えたりします。

だから自由時間が減り、ストレスがかかりやすくなるというわけです。

ライター中村
ライター中村
Webライターが納品に遅れたり、連絡不通になったりするのは、ディレクターにとっては恐怖です。それを忘れずに!

Webライターのキャリアの詳細は【保存版】Webライター初心者向けの完全ロードマップ【WritingBegin】内の動画で紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。

ディレクター以外のキャリアとは?

次にディレクター以外のキャリアについて解説します。これは、まさにぼくが歩んでいるキャリアです。

以下のように、ライティングに関する色々な仕事を受けて、Webライターとしての「幅」を広げる感じですね。

  • ブログ記事(執筆代行)
  • インタビュー記事
  • LP(ランディングページ)
  • メルマガやLステップの執筆代行
  • 電子書籍の編集

どちらかというと「個人」で戦うイメージですね。

ディレクターよりも自由ですが、それなりにポジションを取らないと収入は上がりにくいです。

ディレクター以外のキャリアを歩む場合は、たとえば「セールスライティングが上手い」とか「Kindle編集が上手い」とか、Webライターとして実力を伸ばしていく必要があります。

ディレクターは、どちらかというと個人のスキルよりも、クライアントとのコミュニケーション能力やWebライターのマネジメント能力が必要です。

使う筋肉が違うイメージですね。

ちょっと特殊なWebライターのキャリア

さいごに、ちょっと特殊なキャリについて解説します。具体的には以下の通り。

  • ライティング講師
  • ブロガーへ転身(兼務)
  • コンテンツを制作して売る

ライティング講師とは、たとえばオンライン講義が開催できる「ストアカ」で講座を開くとかですね。人気講師になればそれなりに稼げるはず。ノウハウが溜まってきたらぜひチャレンジしてみてください。

ブロガーへ転身、もしくは兼務しても収益を上げられます。そもそもWebライターとブロガーは親和性が高いので、ライターならブログを開設しておくといいですよ。
»参考:【わずか10分】WordPressブログのはじめ方を画像つきで徹底解説※超初心者向け

コンテンツ制作とは、noteやBrain、もしくはKindleなどでコンテンツを販売することです。たとえば「副業ライターで月10万円稼ぐためのノウハウ」的なコンテンツを売ることですね。

ライター中村
ライター中村
どれもWebライターと兼任できます!コンテンツ制作は今までのノウハウの棚卸しにもなるのでおすすめです。

Webライターのキャリアは色々ある(まとめ)

Webライターの王道キャリアは「ディレクター」でしたね。ですが、それ以外に下記のキャリアがあることを紹介しました。

  • ブログ記事(執筆代行)
  • インタビュー記事
  • LP(ランディングページ)
  • メルマガやLステップの執筆代行
  • 電子書籍の編集

ディレクターを目指すべきかどうかは、好みや相性の問題です。なので、王道を選ばない選択もありでしょう。

ただ個人的には、勉強になるのでディレクターは一回くらいやった方がいいと思います!

いずれにしろ、色々経験して向き・不向きを見極めましょう。

この記事を読んでWebライターに興味をもっていただけたら【保存版】Webライター初心者向けの完全ロードマップ【WritingBegin】ものぞいてみてください。

ディレクターの疑問だけでなく、Webライティングの基礎や構成作成、営業方法などを動画付きで詳しく解説しています。

全36本の講義動画が今なら全編無料で見られますのでぜひ!